【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
白内障・症状

あなたの目は大丈夫? 〜 白内障と自覚症状〜

人間に生まれたときから付属品として備わっている眼球には水晶体という、眼の焦点を合わせてくれる働きをしてくれているものがあります。水晶体は私たちが黒目と呼んでいる角膜の後ろに配置されています。
白内障とはこの水晶体が次第に白濁することにより、最終的には失明などの危険性を含んだ病気です。この白内障の患者は10万人以上にも上り、発症年齢は40代頃からとされています。50代では50%、60代では70%、70代では90%、80代以上では100%と言っていい程ほとんどの人が白内障と診断されます。

水晶体が濁る原因は加齢によるものが一番多く、加齢性白内障と呼ばれています。この加齢性白内障は数年から20年の時間を要しながら進行していきます。

その他には薬品の副作用やアトピー性皮膚炎など他の眼疾患からの併発、新陳代謝の低下や糖尿病などがあります。特に糖尿病の人は白内障が合併症に挙がっているので、血圧や血糖値のコントロールをしっかり行わないと早期に発症するリスクが高まったり、既に発症している人は水晶体の濁る進行速度が速まるので注意が必要です。

白内障が予測される症状・種類とは

白内障は緑内障と同じく、失明の危険性を持った疾患です。水晶体の濁りが進行するに連れ、眼のかすみが強くなったり、モノがぼやけて見える強さが酷くなります。白内障は4ステージに進行度が分かれます。

第1ステージでは自覚症状もなく、何の違和感もなく日常を過ごせます。
第2ステージでは水晶体の白濁が始まり、次第にかすみ始めます。
第3ステージには水晶体の濁りが強くなり、視力は0.1以下となる成熟白内障が起こります。
第4ステージに至っては過熱白内障といって、光の明るさや暗さを感知するくらいしか出来ない失明に近い状態です。

自覚症状として挙げられているのは主に4つですが個人差があるようです。やはり初めに挙げられるのは目が霞み始めることです。目の霞は水晶体が濁り出したことを意味します。
また近くのものがスッキリと見える近視に近い状態となり、眼鏡や老眼鏡が合わなくなります。太陽の下などの明るい場所に出ると眩しくて視界が見えづらくなったり、ものが二重・三重とダブって見えます。

外傷性白内障

この外傷性白内障は自覚症状がすぐに出現するケースと、数ヶ月〜十年ほどして現れるケースがあるため、気づいたら白内障だったということがあります。

水晶体を刃物で傷つけてしまったり、眼を何かでぶつけるなどの強度の衝撃が加わったことなどにより発症することがあります。

併発性白内障

他の眼疾患からの合併症によるもので糖尿病性白内障もその一つです。またアトピー性皮膚炎が目の周りにでき、ウイルスが眼に影響を及ぼしたことにより発症される白内障も含まれます。

薬剤性白内障

薬剤によって発症される白内障について広く認知されているのが、ステロイドなどの過剰投与により引き起こされる白内障です。ステロイドが水晶体の繊維に対して特殊なアミノ酸と結びつくことにより、水晶体繊維の配列が崩れ白濁します。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離