【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
白内障・手術・流れ

手術への不安を一蹴・時間短縮の流れ

手術を受けるにあたり、聞きたいことや不安なこと、入院せず日帰りで帰宅して心配は無いのか、手術費用はどれくらいかかるのか?
挙げ出したらキリがないくらい一杯ありますよね。

医療技術の進歩による時間の短縮によって、私たちの常識を一気に覆しました。時間がかかるのが手術と思われていたのに対し、日帰りができるくらいにまで時間が短縮され、本当に大丈夫なのかという不安があります。

しかし日帰り手術が主流となった今では、何の躊躇いなくそれを希望する患者がたくさんいます。

本当にすぐ終わる? 忙しい人に日帰り手術

忙しくて時間に余裕がなく、手術に時間をかけるくらいなら我慢するという人や、日常生活で車の運転が必要なのに支障が出てきた人など理由はそれぞれですが、忙しい人もそうでない人も短時間で治療が行われて、眼が治るならと日帰り手術の希望者が増加し、今では一般化するほどになりました。

日帰り手術は受診から

テキス手術を行うよりも先に視力の変化に対し疑問や不安を抱き、病院に受診するところから始まります。

眼機能検査が判断基準

一体なにが原因で白内障が起こっているのか、患者に適切な情報提供やアドバイスを行うための判断基準となります。
行われる検査は視力・眼圧・屈折検査、眼の奥行きを測定する眼軸長検査、眼球内に存在する結膜や瞳孔、虹彩、水晶体、硝子体や網膜の状態までを調べることができる細隙灯顕微鏡検査、視神経や眼底に張り巡らされている血管や網膜を調べる眼底検査、5層に分かれている角膜の内皮細胞の形や量を調べる角膜内皮細胞検査などです。

診察に移る

眼機能検査により、白内障が発症した原因が加齢や糖尿病、薬剤など色々なことが明らかになります。その検査結果を判断基準とし、手術が適切かどうかを患者の意思を聞きながら話し合います。
この診察での話し合いが患者の日常生活の質を決めるものになると思われます。

初期症状でそれほど進行していない場合は点眼治療で進行の抑制を行うことができますが、抑制しながら過ごし月日が経ち、いつの間にか症状や眼球の白濁が進んでいたとなると、眼手術自体が時間のかかるものになることがあります。

進行の程度にもよりますが、日常生活に支障をきたすほどまで行かずとも、症状が受診した頃より酷くなったように感じたり、眼球の混濁が進んだように思ったら医師に相談し、手術を考えたほうが良いかも知れません。

また自分では、まだ手術の必要を感じない場合などはセカンドオピニオンを利用して、他の病院医師の意見を参考にしてみるのも良いと思います。

患者の都合と手術予定日〜相談と決定

事前説明を終えた後は患者・家族の都合を訊き、医師も他の患者の手術と被っていないのを確認しながら手術の予定日を立て、決定します。手術に関しては患者が現在持病として他の病気や全身疾患を患っていても問題なく受けることができます。
ですが、手術中に具合を悪くする危険性もあることから内科の受診を必要とし、持病のある人は主治医である医師に相談・了解を得てからの眼手術となります。

全身疾患などの場合でも手術を受けることはできますが、眼疾患の場合は別となります。重度の眼疾患などを患っていたり、合併症として併発していた場合は白内障の手術自体が困難になったり、長時間の手術になるからです。

検査による眼内レンズの決定、血液検査を行う

眼の中に移植するための眼内レンズの度を合わせ、その人に合ったレンズを決定します。

術前における注意事項、当日の説明を行う

白内障手術を行った翌日から入浴の許可が降りればお風呂に入ることができますが、経過が思わしくない場合は入浴することができないため、前日に入浴を済ませておきましょう。

コンタクトレンズを使用している患者については眼検査の際、誤差が出る可能性もあるので術前は使用を中止することがあります。ですがコンタクトレンズ使用中止により、日常生活に支障をきたす場合は医師に相談してください。
また手術に必要な点眼薬が開始されるので目薬の説明や、当日の来院時間などの確認も行われます。

手術当日〜来院してから行われること

来院後にはバイタルサイン(血圧・脈拍測定など)と眼の状態を確認し、瞳孔を散瞳させる点眼薬を点します。髪の毛などの不潔な部分が出ないようにする帽子、手術着と靴下を着用し手術室へ入室します。

手術開始〜終了まで

手術時間は約5〜8分など、病院により時間差はありますが10分程度で終了します。

術後は体調やバイタルサインの確認、休憩した後に手術を行った眼の診察をしてから帰宅となりますが、ここで手術が終了したわけではなく、手術を行ってから3日目、1週間後、1・2週間に1度の診察など体調に合わせて定期検査をしなければなりません。

の定期検査を終えた時点で、やっと手術終了となるのです。

手術費用はどれくらい?

白内障の手術費用は保険が適用されます。高額医療制度により1ヶ月の自己負担額が一定の上限を超えた場合、市役所等に申請することにより還付金として償還されます。申請には支払いの領収書が必要となるので失くさずに保管しておきましょう。

白内障手術費用は病院・医院にもよりますが、1割負担で1万5千円前後、3割負担で4万5千円前後となります。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離

関連リンク