【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
ぶどう膜炎

視力障害が知らせる「ぶどう膜炎」を知りましょう

眼球内に存在する虹彩、毛様体、脈絡膜のどれかが炎症を起こした状態のことを「ぶどう膜炎(内眼炎)」と言います。
虹彩は瞳孔の開閉を自在に調整することができ、眼球に集まり入る光の量を調節してくれています。毛様体は水晶体に作用して、焦点を合わせる機能を果たしている筋肉です。
毛様体は動眼神経に支配され、近くのもの見るとき水晶体は収縮し厚く膨張し、遠くのものを見るときは緩み、水晶体は薄くなり焦点を合わせています。
脈絡膜は集めた光で網膜に鮮明な映像を結ぶ手助けをし、眼球内を一定の暗さに保ったり、目の保護をしてくれています。
これらの3つを総称したぶどう膜は血管が多く張り巡らされている組織であり、炎症の起こしやすい部位でもあります。

原因不明・ぶどう膜炎のメカニズム

眼球内で最も多く血管が巡っているのがぶどう膜ですが、炎症が起こる原因は虹彩、毛様体、脈絡膜のうちの3つに起こったもの以外にも、体のどこかの臓器に炎症が起こった場合に一緒に併発されることがあります。

免疫疾患の原田病(ぶどう膜・髄膜炎)、視力低下が徐々におこり失明を引き起こすベーチェット病、顕著な視力低下や皮膚症状がみられるサルコイドーシスの三大ぶどう膜炎疾患が原因として多くを占めています。

また検査により細菌やウイルスなどの病原菌が原因として判明したり、その他糖尿病、関節炎、膠原病、悪性腫瘍などが原因の明らかになっていないぶどう膜炎として挙げられています。

自覚症状は視力障害から

ぶどう膜炎の代表的な症状は目がかすんで見える霧視や、太陽の光などが眩しく感じる差明感などです。他には黒い斑点が虫のように飛んで見える飛蚊症、視力低下や充血なども挙げられています。

ぶどう膜炎の場合、これらの症状が片目だけに限らず、両目に現れることもあります。また一度に現れたらそのまま症状が続くのではなく左右交互に現れることもあります。

水晶体に対し虹彩がくっつき合う虹彩後癒着による緑内障や白内障が併発することが合併症として挙げられています。その癒着を妨げるために散瞳薬が用いられます。

ぶどう膜炎は内科的治療で治す

免疫抑制剤やステロイド剤などの内科的治療が基本となります。コルチコステロイド点眼薬を中心にシクロペントラートやアトロピン、スコポラミン等の散瞳薬が用いられます。

病原菌が引き起こすぶどう膜炎には、原因となった病原菌に対して効きめのある薬剤が用いられます。
また半数が原因の明らかになっていないぶどう膜炎であり、治療には眼球の炎症を和らげる抗炎症療法と、炎症により引き起こされる合併症予防が行われます。特に炎症抑制にはステロイド剤が効果を示します。

白内障〜水晶体がぶどう膜炎を呼び起こす?

ぶどう膜炎を発症させる抗体(原因)が水晶体であり、外部からの損傷を受けた場合や、白内障の手術をした後に水晶体物質の残留があった場合10〜14日の期間を置いてからアレルギー性のぶどう膜炎を発症する可能性があります。

これを水晶体起因性ぶどう膜炎と言います。また過熱白内障を引き起こした場合は、水晶体嚢に傷がついて裂けたりするとぶどう膜炎が現れることがあります。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離