【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
若年・白内障

病気が病気を呼ぶ!? 〜若年性白内障

白内障を発症している人のほとんどが老人性白内障であり、加齢により引き起こされる白内障は40代の人達にちらほらと見られ始め、90代では殆どの人が老人性白内障に罹患しているというデータが報告されています。
今まで高齢者の病気として知られてきた白内障ですが、近年20〜30代の人にも発症が確認されるようになり、10代にも極稀に現れるようです。このような白内障を若年性白内障、または併発性白内障と言います。
この若年性白内障の特徴は症状の進行速度が速いことで、白内障を自覚してから急激に水晶体が濁っていきます。また若年性白内障の治療も他の白内障と同じく点眼療法と手術の外科的治療に分かれるようです。

合併症により引き起こされる若者の白内障

若年性白内障の怖いところは眼疾患などにより併発されることです。なので若い人は白内障にはならないなどと高を括っていると自分の足元にも忍び寄ってくるかもしれません。

若年性白内障を引き起こす可能性のあるのは目のケガ、ぶどう膜炎、網膜剥離、アトピー性皮膚炎などの眼疾患やそれを併発する全身疾患などが挙げられ、他には遺伝や紫外線の照射、ステロイド剤の副作用なども考えられています。

また若年性白内障の増加には活性酸素の大量発生が原因であるのではないかとも考えられています。活性酸素は放射線や紫外線などの外部刺激などのほか、運動不足や喫煙、生活習慣が通常より多く発生させているようです。

食生活〜偏食がいけなかった?

和食文化の日本でも現代ではすっかり欧米食が染み付いてしまいました。
昔は日本食において米や豆類などから植物性たんぱくしつを摂取していたのが、近年では肉類やコレステロールの高い食生活が基本となってしまいました。
そのため肥満や生活習慣病の患者が増え、若者に至っては肉食を好み、野菜を摂取しようとしなくなりました。

このコレステロールなど脂肪の過剰摂取や野菜不足が眼とどのような関係あるのかというと、緑黄色野菜にはカロテノイド(カロチノイド)という生物が持つ赤色や緑色などの色素群があり、その一つにルテインという栄養素があります。

カロテノイドは活性酸素を消し去ってくれる効果を持ち、生活習慣病を防ぐ手伝いをしてくれ、ルテインは白内障や視力の低下を回復へ導く役割をしてくれています。

また肉類にはビタミン群、脂肪分、蛋白質しか含まれておらず、野菜でしか補えない栄養素がたくさん出てくるのですが、野菜を摂取しないことによってルテインが減少していき、皮質内白内障を引き起こすことがあります。

生活習慣が眼に影響する

喫煙やストレス、飲酒、運動不足などはルテインの吸収を妨げる原因になります。このような原因たちは肝機能の低下を引き起こし、肝臓より分泌され脂肪の分解・吸収を促進する役割の胆汁酸が減少すること繋がります。

また脂肪と一緒に取り込まれるルテインは汗機能低下により上手く取り込まれなくなります。野菜不足はカロテノイドの減少を助け、カロテノイドの持つ抗酸化作用を取り払い、老化の促進を促します。

また水晶体はビタミンCを多量に含んでいるのですが、喫煙によるニコチンなどの有害物質がビタミンCを破壊しています。そうなると水晶体に影響がないはずありません。喫煙は白内障を助長する大きな要因となります。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離