【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
レーシック・手術

レーシック手術〜視力矯正でピンボケを解消!

レーシック(LASIK)手術とは近視・遠視・乱視を持っている人に行われるレーザー角膜屈折矯正手術のことを言います。近視などの視力障害は入ってきた光刺激に対し、光の屈折が上手く調整できず、眼球内で正常な像を結ぶことができないために起こるピンボケのことです。
このような視力障害を持つ人はコンタクトレンズや眼鏡で視力矯正を行っていますが、その視力矯正具に不便を感じる人たちにお薦めの治療法です。

レーシック手術を知りましょう

屈折矯正手術はレーザーを用いた手術方式で行われます。レーザーを用いて角膜を削り、厚さを変えて視力の調整をする方法です。

アメリカで行われていたこの術式を2000年に日本に取り入れてから実績を重ね、今では定着してきた術式となりました。

レーシック(LASIK)

エキシマレーザーという器材でレーザー光線を操り、角膜表面をフラップ(蓋)状に切り取ります。
少量の角膜組織を一定のパターンで正確に削り取り、患者の矯正度数によって照射量を調節して視力を矯正する手術です。

スポーツ選手など職業柄、視力矯正具を使用できない人に適している手術療法と言えます。

カスタムレーシック

患者の個別性に合わせたレーザーの照射方法などを組み合わせることにより、質の良い視力回復を目指した手術方法です。
レーシックのように固定された一定の術式パターンで行うのではなく、患者の眼に合わせた照射方法で行われます。現在はこのレーシック手術が多くの病院で定着し一般的となっています。

PRK

角膜上皮をエキシマレーザーで取り去ってしまいます。取り除いた部分から直接レーザーを照射し、矯正終了後そのまま角膜保護のコンタクトレンズを装着します。
このPRKはフラップを形成せず、レーシック手術では元に戻すフラップもPRKではないので転倒したなどしてもズレる可能性が低く安心です。

また角膜が薄く、レーシック手術の適用にならなかった人はこちらのPRKが適用になるかもしれませんので眼科医に相談してみてはいかがでしょう。

エピレーシック

角膜上皮をフラップ状に切り取り、切り取った箇所から角膜に直接レーザーを当てます。フラップを元に戻し、保護用のコンタクトレンズを着用します。
フラップ作成には専用のエピケラトームという器材を使用するため極薄いフラップとなります。

なので角膜の薄い人はPRK同様、レーシック適用でなかった場合においてエピレーシックの適用になる可能性があるので、眼科医にご相談ください。

レーシック手術は保険が適用でない

病院が価格設定をできる診療形態を自由診療(保険外診療)と言います。レーシック手術はこれに属しているために保険が適用しません。
そのため診療費や手術費も病院・医院によって異なります。片目につき10〜30万程度、両目につき15〜50万と病院によって差があるようです。

レーシック手術後は白内障手術が受けられない!?

レーシック手術は角膜を削ってしまうため、高齢となり水晶体が混濁し始めても白内障手術を受けることは出来ないと思われています。
レーシック手術時に近視・遠視・乱視の度に合わせて削ったため、白内障手術で使われる眼内レンズも度を合わせるのにさらに計算し直さなくてはなりません。

しかし白内障手術を受けられなというわけではないので、レーシック手術を受けた後に白内障を発症し、白内障手術を受けたいという人は眼科医にご相談ください。

また白内障手術後にレーシック手術を受けるのも可能です。目の中に挿入する眼内レンズを単焦点レンズにした場合、近視や乱視を完璧に矯正することはできないので、さらにクリアな視界を目指すならば白内障の手術後、目の状態が安定しているのであれば眼科医に相談してみるのも良いと思います。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離