【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
VDT症候群

現代特有の疾患〜VTD症候群の恐怖

物が溢れかえっている現代において、パソコン、携帯電話、テレビゲーム、携帯型ゲーム。それが当たり前かのように受け入れてしまっている今の若い子供たち。私たちの周りにはVDTがたくさんあります。そのため社会で働く大人たちだけでなく、小さい子供たちにも目に大きな負荷をかけているのです。

〜VDT症候群による体の異変〜

VDTとは「Visual Display Terminals(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル)」の3つの単語を指しています。
またテクノストレス眼症とも呼ばれ、電子モニターを有する情報端末機器を見ながら引き起こされる眼症状や体調不良のことを言います。

今では会社のオフィス内にはパソコンが普及し、仕事には欠かせないものとなりましたが、そこで働く人たちの中で目の違和感や体調不良を訴える人が多く出てくるようになりました。

VDTによって引き起こされる症状とは

目のかすみ、充血、角膜・結膜炎、ドライアイ、視力の低下、眼性疲労やその他の眼症状が主症状であり、首・肩・腕〜指先にまで続く痛みや痺れなどが現れ、パソコン操作などの長時間同じ姿勢を保つようなデスクワークに多く見られる頚肩腕症候群があります。

この頚肩腕症候群は血流の循環障害や、痛みや温度を感じる知覚の異常を引き起こす感覚障害などの神経障害を引き起こすので要注意です。また症状が進むと精神症状まで現れ、苛立ったり、抑うつ状態になったりします。

意識した行動が大事〜VDTの予防法

予防法の中には意識して行わなくては防げないこともあり、パソコンの前でも意識していなくてはどんどんと病気を発症してしまうことになります。

デスクワークは小休憩を挟むこと

連続した作業は眼精疲労や頚肩腕症候群を招く恐れがあるので、電子モニターを前にした作業時間は最長で1時間内とされています。
次の作業を行うのは10〜15分の小休憩を挟み、目を休ませてから作業を行うようにしましょう。

小休憩中には電子画面などではなく、外の自然を見たり、体を動かすことで循環障害を予防しましょう。

目の潤いを保つこと

デスクワークではパソコンのディスプレイや書類などを確認するのに眼球を常に動かしているため、目の疲労も半端ではありません。モニターや書面などを直視し続けているため、まばたきの回数が減少します。

まばたきは通常1分間に20回行われているのですが、1分間に6回まで減少することで目の乾燥が起こり、ドライアイなどを招きます。ドライアイ予防の目的もあるため、まばたきを意識して行うことや目薬で瞳を潤すことを心がけましょう。

良い姿勢を心がけましょう

頭は人体の中でも一番重く4〜6kgもあり、首はその頭を支えてくれている大事な身体の一部です。上から下にかかる重力に対して首は頭をしっかり支えてくれているのですが、猫背やディスプレイを確認するのに前傾姿勢になると首と頭の別々に重力がかかることになります。それでも一生懸命に頭を支えようとするために肩こりなどが生じるのです。

パソコンと向かい合うときは座席に深く腰掛けて、地面に足が着くように座席の高さを調節しましょう。浅く腰を掛けることは背もたれに体重をかけることが出来ないために筋肉が緊張をほぐす暇がなく、首や背中などの筋肉を収縮させてしまい、肩凝りの原因となります。

またキーボードの手前に机のスペースが8cm以上空くように広く使いましょう。キーボード操作を行うときに手前にスペースがなく、両手が浮いた状態になってしまうと両肩が両腕を吊り上げて支える形になり、肩が凝ってしまうからです。
しかし正しい姿勢であっても、長時間その姿勢を保っていると同じ筋肉を使い続けることになり、そこから肩こりが始まるので適度な休憩を挟みましょう。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離

関連リンク