【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
犬・白内障

白内障に気づいてあげて! 〜あなたのペットは大丈夫?

ペットとして飼っているワンちゃんの目は大丈夫でしょうか?白内障になる可能性は、一緒に暮らす時間を重ねる度に高まっています。飼い主は日常と何ら変わらず過ごしていても歳を取り、高齢に近づくごとに視力の低下が進んでいるのです。

人間と同じ? 〜加齢による犬の白内障

人間に良く見られる白内障は犬にまで広がっていました。なんと白内障の種類までそっくりなんです。
人間は高齢になるにつれて白内障になる確率を高めていますが、犬も同じで白内障の原因は目の老化により6歳ごろからのんびりと進行する加齢性白内障なのです。また多くの犬が発症させているのはこの加齢性白内障と言われています。

その他にも糖尿病からくる代謝性白内障や、母胎の中にいるときに何らかの原因により発症した生まれついての先天性白内障、生まれてから数ヶ月〜5歳以下で発症する若年性白内障、今発症している眼の疾患に併発して起こる続発性白内障、水晶体が損傷したことにより損傷部位から混濁が始まる外傷性白内障などがあります。

ワンちゃんに起こる白内障の症状って?

犬も人間と同じく水晶体の混濁が見られます。視力の低下により歩行が覚束なくなり、段差でコケたり、ぶつかって歩くなどの歩行障害がみられますが、眼痛など目の痛みはありません。

ですが今までは物音で驚くこともなかったのに、少し大きな音にも反応するようになったなど変化が見られます。

症状が進行してしまえば失明にまで至ることがあるので早期での発見が好ましいのですが、かすむなどの初期症状では変わりなく歩行しているので、飼い主の発見が遅れてしまうようです。

動物病院へ連れてってあげましょう

白内障治療は目薬により進行を遅らせる点眼治療か、視力を取り戻してあげるには手術療法で白濁してしまった水晶体をクリアしてあげなくてはなりません。

進行症状が進んでいない初期の場合は点眼薬にて様子を見ましょう。
しかし眼の混濁が水晶体の半分を覆ってしまっていたら手術を考えてあげたほうが良いかもしれません。手術方法も人間に行うものと変わらず、超音波乳化吸引術に眼内レンズ挿入法を合わせたものです。
角膜を切開し、白濁した水晶体を専用の機材で超音波振動を与えながら砕いて取り除きます。切開部分から眼内レンズを挿入し、角膜を縫合し終了となります。

老化によって起こる加齢性白内障の手術は歳を取った老犬には負担が大きいようです。ですから5歳を過ぎた頃には眼の検査を行いに定期的に動物病院を訪れ、眼検診をしてもらうのが早期発見に繋がり、一番の白内障予防となるでしょう。

白内障を起こしやすいワンちゃんとは

犬の中でも特別白内障を発症させやすい仔がいるようです。小型犬から大型犬まで様々です。

大きさ 発症させやすいワンちゃんたち
小型 マルチーズ、ボストン・テリア、パグ、ミニチュア・シュナウザー、トイプードル、ミニチュア・ダックスフンド、スタンダード・ダックスフンド、シー・ズー、ヨークシャー・テリア
中型 ビーグル、スタンダード・シュナウザー、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ウェルシュ・コーギー・カーディガン、アメリカン・コッカー・スパニエル
大型 シベリアン・ハスキー、柴犬、ダルメシアン、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー
超大型 ジャイアント・シュナウザー
  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離