【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
老眼

いつかは訪れる老眼〜どう付き合いますか?

まず、老眼(老視)は病気ではありません。加齢によって水晶体の弾力性が失われ、だんだんと黄色に変色し出し、焦点を合わせる働きが低下し始めることで起こる老化現象なのです。
焦点の調整が上手くできなくなったことから調節障害とも呼ばれています。若い人で日ごろからパソコンなどに向かい、眼を休ませる暇もなく使い続けると老眼の発症を早めてしまいます。

老眼について学びましょう〜この先に起こり得ること

人生の通り道といっても言いこの老眼は、水晶体を取り巻く毛様体筋や眼機能が加齢により低下することによって起こります。

毛様体筋には水晶体の厚さを変える働きがあるため、毛様体筋の機能低下は焦点を合わせる働きに大きな影響を与えているのです。

老眼の症状〜遠くと近くどちらが見えない?

老眼のイメージは遠視になるか、近視になるかのどちらかであると思いませんか?
また老眼は近視になるほうが多いようですが、それは症状が進行してから決まるものなのです。
自分の体が老化してから始まる初期症状は、遠くと近くを見比べたときにピントが合いづらかったり、暗いところでの夜目が利かなかったりすることです。

また近視・遠視により老眼になる進行速度に違いが出るという説があります。老眼は近視になる傾向が強く、元より近視を持っている人は老眼になる速度が遅く、遠視を持っている人は進行速度が速いといわれています。ですが、この説は正確なものではありません。

近視は元々近くのものが良く見えているので、遠くまでは見渡せなくても自分から近い程度の距離であれば水晶体が焦点を合わせてくれて、見えることができるのです。近視の人は老眼鏡を必要としないで見えることができます。しかし、必要としないから老眼ではないという結論には至りません。

近視の人は老眼鏡を外さないと近くのものに焦点が合わず、見ることが出来ないのです。遠くを見ようとしたときには視力を矯正した老眼鏡などを必要としますが、老眼鏡を掛けた状態では近くのものが見えなくなるというわけです。

老眼になると、ある程度離れた距離のものが見えやすくなることや新聞などの活字がぼやける、目が疲れやすい、近距離のものにピントを合わせると視界がかすむ、肩の凝りや頭痛、嘔気などの症状が見られます。

老眼を治療する〜視力矯正をしましょう

老眼に対する治療には3種類あります。「伝導性角膜形成術」と「視力回復レーシック」、「遠近両用眼内レンズ」の3つの手術療法で治療を行っています。

伝導性角膜形成術(老眼治療CK)

この伝導性角膜形成術はアメリカで行われていた眼治療方法で、2004年から日本でも実施されるようになりました。レーシック手術などでは角膜を切開していたものが、この手術ではメス等の鋭利な医療機具を使用せず、眼球を傷つけることはなく行われます。

角膜の外部にラジオ波という高周波エネルギーを照射し、角膜に存在するコラーゲン組織を一部収縮させ、角膜外部の形状を変化させます。
角膜中心部の形状は崩さずに、外部の形状を変化させ、角膜が眼内レンズの役割を行えるように形成する治療法です。
遠くにピントを合わせる能力を保ったまま、近くにピントを合わせられるように矯正する手術です。

視力回復レーシック

鮮明な像を映し出すための網膜に水晶体を通して集まった光が正常に屈折しないために近視や乱視、遠視を引き起こします。

レーシックは角膜にレーザーを照射し、光の屈折を強制する手術なのですが、レーシック手術で老眼という老化現象自体を治療することは出来ません。老眼は水晶体とそれに関する器官の衰えにより生じるものなので、レーシックでの完治は望めません。

遠近両用眼内レンズ

白内障治療として多く用いられている手術方法で、今までは単焦点眼内レンズという遠距離・中距離・近距離のどれかにしか焦点を合わせることが出来なかったのですが、最近になってどの距離をも見ることが出来る多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)が開発され、この眼内レンズを水晶体の代わりに挿入する治療が白内障では主流となっています。

この手術は老眼治療にも有効で、遠近両用眼内レンズを1種類ではなく、2種類組み合わせるなどをすることで遠距離・中距離・近距離全部を見ることができます。

また今ではコンタクトレンズや老眼鏡においても遠近両用レンズが使用され、従来の近くと遠くのどちらかに合わせるのではなく、視線を移してもぼやけて見えることのない遠近両用レンズが好まれています。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離