【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
緑内障

視野が狭まる 〜 失明の恐怖

眼疾患の中でも失明の原因問題であるのがこの緑内障で、失明疾患の上位に位置づけられています。緑内障は眼圧の上昇に伴い、視神経が圧迫され、視界の一部が欠ける疾患です。
それには眼球内に存在する房水が関係しています。水晶体や角膜には血管が通っていなく、血液から補給される栄養素もありません。水晶体など血管の通っていない器官には水晶体の前方に存在する房水という栄養を含んだ液体が供給してくれています。

しかし、眼圧が上昇すると、眼球前方を満たしている房水量が増え、眼球が膨張することによって視神経を圧迫します。
この圧迫によって起こるのが視神経細胞の壊死です。細胞が壊死したことにより、水晶体から集まった光情報が視神経を通して脳まで伝達されずに視野が欠損するという症状が起こります。

自覚症状がない緑内障〜白内障の種類

緑内障はほとんど自覚症状を感じず、知らぬ間に症状が進行しています。
初めは何の異変も感じず、通常通り生活していても、やがてゆっくりと視界が狭まっていったり、視界の一部に暗く見えない場所が出来たりします。

そうしてゆっくりと進行してきた症状は本人にも気づかれることなく重度の症状となり、やがて発病した本人が気づいたときにはかなり悪化した状態だったりします。

視野欠損だけではなく、視力の低下や最悪失明という可能性もあります。急性の緑内障であれば原因となる眼圧が急上昇したことにより、頭痛や眼痛、充血や吐き気などを催します。

原発閉塞隅角緑内障

眼球内の角膜と虹彩の中心に存在する前房部分のことを隅角といい、この隅角が狭窄すると房水の流れと一緒に線維柱帯が塞がれて、房水が排泄されずに行き場をなくし、どんどん房水が作られることによって眼圧が上昇し、次第に緑内障を発症します。

原発開放隅角緑内障

房水を排泄する出口の線維柱帯が塞がれて、房水が排泄されずにどんどん溜まり、眼圧が上昇することによって発症する緑内障です。

正常眼圧緑内障(NTG)

眼圧は正常値(10〜20mmHg)であるのに緑内障を発症してしまうこと。緑内障の半割以上が正常眼圧緑内障であるとされています。
まだ原因は解明されておらず、視神経に障害があるということだけが判明しています。罹患早期は自覚症状が殆ど感じられないので、手遅れになることもあります。

発達緑内障(先天性緑内障)

出生当時から眼球の隅角に障害をきたしている状態であり、緑内障を発症させています。
出生時から眼圧が高値を示していた場合、眼球が大きくなる「牛眼」となります。先天性の場合は緑内障の悪化が早く、眼圧コントロールを行っていても視力障害を引き起こします。そのため早期の手術療法を求められます。

続発緑内障

他の病気からの併発・合併症として発症する緑内障です。全身疾患や殴打などの外傷、網膜剥離、眼の炎症や角膜疾患、ステロイド剤による副作用など原因は様々で、何が原因かを突き止め、それに合った治療を行っていくことが大事となります。

緑内障の治療をしましょう

眼圧が大きく関係している緑内障では、眼圧を下げたり、コントロールすることが重要となります。
治療方法には手術療法、レーザー療法、薬物療法があります。傷害されてしまった視神経は修復することはできず、進行の止まらない緑内障もあります。そのときには完治させることはできず、症状の進行を抑えるしかできません。
しかし早期に発見できたのならば、重度の視力障害を引き起こす前に進行スピードを抑制させることは可能です。

手術療法はレーザー療法と薬物療法において効き目を示さなかった場合に適用される治療法です。塞がれてしまった房水を体外(眼の外)に排泄できるようにするものです。

レーザー療法には2通りの術式があり、レーザーで虹彩に孔を開け、そこから貯留している房水の流れを変化させるやり方と、線維柱帯に直接レーザーを照射して房水が排泄されるのを促す方法です。前者の術式は閉塞隅角緑内障に効果があり、後者の術式は開放隅角緑内障の一部に効果を発揮します。

薬物療法は緑内障の進行速度を遅らせる効果があります。緑内障治療は薬物療法を主としていて、点眼薬が処方されます。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離