【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
飛蚊症

眼の中に何か見える? 飛蚊症って何?

飛蚊症の見え方は黒い斑点だけじゃないって知っていましたか?
明るい何もない空間や壁、空を見ていると、虫が飛んでいるように黒い斑点や細長い線が見えたりしませんか?
実はそれが飛蚊症なのです。白から透明な細長い線や点が見えたり、視線をその空間からズラしてみても点や線が付いてきたりしたら、それは飛蚊症の症状です。

飛蚊症の原因〜どうして見える点と線?

飛蚊症の原因は1つだけではなく、加齢によるものや生理的なもの、ストレスなどの精神的要因や病気からくるものがあります。

生理的飛蚊症とは

最も多い飛蚊症として上げられているのは加齢によるものですが、ストレスとの関係性も示唆されています。
原因は眼球内にある、眼の形状を保つ働きをしている透明な硝子体(しょうしたい、またはガラス体)が混濁するために発症します。硝子体は水晶体の後ろにある空洞を満たしているゼリー状のコラーゲン物質(たんぱく物質)で、そのうち99%が水と少しの線維でできています。

若いうちはこの硝子体に混濁がなく、透明を保っているのですが、加齢とともに歳を重ねるごとにガラス体は濁り始めます。また年齢とともに硝子体の水分が線維と分離し、水晶体後ろの空洞内(硝子体が収まっているところ)にて新たな空洞を作ります。
新たな空洞のことを離水(りすい)と呼びます。

さらに分離等が進行すると離水が数を増やし、硝子体と眼球の内壁が離れ出し、線維が眼球内を浮遊している状態をなり、これを後部硝子体剥離といいます。また私たちが飛蚊症として捉えている斑点や線は、この線維の浮遊物なのです。

硝子体が起こした分離により引き起こされる硝子体剥離自体は、60代前半の人に良くみられます。加齢によって起こるものなので病気ではありません。
しかし網膜から神経網膜が剥がれ、失明の危険性のある網膜剥離や、網膜から硝子体がムリヤリ剥がれようとして網膜が裂ける網膜裂孔という重大な疾患を発症させることがあるので、注意しなくてはなりません。

病的飛蚊症とは

加齢とともに起こる生理的飛蚊症とは違い、眼疾患により併発する飛蚊症のことを病的飛蚊症と言います。

硝子体出血

糖尿病の合併症による網膜症や、殴打などの外傷により網膜血管が破れたため、血液が硝子体の中に流入してきたことを硝子体出血といいます。
硝子体の中に入り混じった血液は量にもよりますが、多い場合は吸収率が低く、視力低下などを引き起こします。

血液量が少ない場合はゆっくりと硝子体に吸収されていき、視力が正常に働けるくらい回復しますが、硝子体は血液を吸収することにより混濁を起こします。
しかしこの出血と吸収を繰り返すと血液の吸収率が下がり、緑内障や飛蚊症を合併したりします。

網膜剥離

網膜剥離は癒着していた硝子体が網膜から離れようとしたために、裂け目ができ(網膜裂孔)、その裂け目に液化硝子体が流入して癒着していた網膜を剥がしてしまいます。

網膜裂孔

網膜は硝子体と密接していて、加齢とともに硝子体が網膜から分離し、癒着が強いだけに離れるのも一苦労です。そのために硝子体が網膜を引っ張り、引っ張られた網膜が離れられずに孔を開けてしまいます。これを網膜裂孔と呼び、網膜剥離の際に伴って起こるのが一般的です。

また網膜が裂けて、孔が開くことにより出血が起こり、硝子体に流れていきます。このことを硝子体出血といいます。

眼のチラチラどう治す? 〜飛蚊症の治療

飛蚊症の治療には自然治癒をという方法もあります。後部硝子体剥離の場合は自然治癒でも治るもので、症状が悪化し、網膜裂孔を併発させない限りは大丈夫と言われています。
飛蚊症が悪化し重大な症状にならないようにするために定期的な検診をお勧めします。

後部硝子体剥離

いくら治癒を待つ間の影のチラつきは気になるものです。
しかし、手術をするにしても失明するリスクのある網膜剥離を引き起こしてしまう危険性もあるので、とてもお勧めできるものではありません。また老化現象の一つなので特別治療を必要としません。

網膜裂孔

手術療法において網膜をレーザーで照射し、網膜と眼球外側の組織を接着させます。裂孔の周りを癒着させるようにし、剥離を繰り返させないようにします。照射した部分は網膜の機能を損ないますが、物を認識・見るのに必要な黄斑部は焼けていないので視力に異常はありません。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離