【白内障のいろは】症状/原因/手術のことで悩む前に
網膜剥離

網膜に孔があく〜光を届ける私たちの眼

網膜剥離が起こる網膜とは、水晶体を通って眼球内に入ってきた光を受けて、光を情報に変え、脳に伝達する役割を担っています。
また網膜は私たちに実像を見せる神経膜なのです。網膜は液化硝子体との密着しているため、剥離の原因にも硝子体が関係してきます。また網膜剥離は失明を起こす可能性を持っているために、早期発見が重要となってきます。

発症原因は色々〜網膜剥離の症状

網膜剥離が引き起こされる原因は未だ解明されていませんが、何らかの要因を受けて、神経網膜が網膜色素上皮から剥がれることを言います。

裂孔原性網膜剥離

網膜剥離は20代と50代に多くみられ、老化や眼球を強く殴打したこと(外傷)によって、眼球の形状を維持する働きのある硝子体が密着している網膜から離れようとします。
網膜と硝子体がなかなか分離できず、硝子体がムリヤリに離れようとしたために神経網膜が裂け(網膜裂孔)、その裂け目から神経網膜と網膜色素上皮細胞の間に液化硝子体が流入し、神経網膜を剥がしてしまいます。
網膜には痛みを感じる神経が通っていないので痛みを感じませんが、このように神経網膜が剥がれることを裂孔原性網膜剥離と呼びます。

剥がれてしまった網膜は、光を変換して脳に情報を伝達するという働きも行えず、血液などから栄養を受け取ることさえも出来なくなります。
この剥がれた状態のまま放置しておくと視力障害を招きます。裂孔原性網膜剥離は裂け目の生じた部位に応じて、症状が変わってきます。
網膜の上側が裂けた場合、下側に生じたときと比較すると剥離の進行スピードが早いです。飛蚊症や視力低下、視野欠損などの視力障害が発症します。

視力障害が起こってから網膜を正常な位置に戻しても、視力の回復が思わしくなかったり、遠視や近視などの視力障害が残ったままとなります。

初期の自覚症状として太陽光や人工光などの光が、眼球に当たってなくても眼球内に光を感じる光視症や、白く細い線や小さく黒い細かい影が視界の中を飛んでいる飛蚊症がありますが、自覚症状のない場合もあります。

非裂孔原性網膜剥離

裂孔原性網膜剥離のように網膜の剥離を起こしている状態ですが、原因などに異なる点がみられます。

牽引性網膜剥離

裂孔のない、裂け目を伴わない網膜剥離です。網膜の前にある繊維性の膜が網膜を剥がすことによって引き起こされる網膜剥離です。
これは網膜静脈閉塞症と糖尿病網膜症によって発症します。進行を放置したままでいると最終的には失明にまで至ってしまう危険性があります。

滲出性網膜剥離

裂孔がなくても網膜が自然と剥がれ落ちる疾患です。網膜の層の間に液化硝子体や血管から補給される水分などが流入することによって剥離を起こします。眼の炎症や眼内腫瘍腎臓病等を引き起こす原因となることがあります。

網膜剥離を治療しましょう〜失明を防ごう!

裂孔原性網膜症は手術療法で治療します。網膜が剥離していない、裂け目が出来ているだけの状態であれば、レーザーを照射して網膜光凝固術または網膜冷凍凝固術を行い、網膜剥離の進行を抑制させたります。

しかし網膜が剥離してしまっていた場合、裂孔部分を凝固させて網膜が剥がれないように抑制し、網膜の内側に溜まった水を抜き取る方法や、眼球内に専用の器具を入れ、網膜剥離の治療・回復のために混濁した直接硝子体を取り除く硝子体手術という方法が行われます。
手術中の合併症として、網膜裂孔や眼内出血などが起こることがありますが、その場合はすぐに追加手術が行われるようです。

網膜剥離は眼球内に剥離した網膜がそのままの状態にしていたり、放置したままだと失明を起こすリスクがとても高くなりますので、眼疾患を持っている人や視力障害がある人、心配な人などは定期的に眼検診に行って、網膜剥離を予防しましょう。

  • <症状と手術>白内障の治療・手術・予防
  • <原因によって分けられる白内障>老人性・アトピー性・ぶどう膜炎・先天性など
  • <白内障関連コラム>レーシック・VDT症候群など
  • <関連する目の病気>老眼・緑内障・飛蚊症・網膜剥離